profile
2007年に名古屋から東京に来てからクラブで働いてます。名古屋ではキャバクラで働いてました。東京では六本木から銀座と流れました。大人のホステスを目指してます♪ 血液型はB型っぽくないようで、思いっきりB型。どう言うわけか、変わり者と言われます。マイペースで時々、人見知りします。寂しがりやな「ウサギ」な性格です。 大好物はアルコールです。 アルコールがないとおとなしいです。 Minami Katase

calendar
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
RSSフィード
銀座ホステス・southern palace

銀座で働くホステスの日記です♪ ほとんど、リアルタイム更新ではないですが、ほぼ毎日、書いてます。私のブログの写真は無断複製・転載を禁じています。♥コメント大歓迎♥ですが、承認制につき私がムカつくと思う質問、誹謗・中傷、要求、プライバシーに関わる事、宣伝の類は反映致しませんので、予めご了承下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
5月4日・黒部アルペンルート
5月4日の日記です。

雪の大谷が見たくて黒部アルペンルートへ…

雪の大谷とは、20mに迫る雪の壁。
この壁は冬閉鎖していた道の多量の積雪をブルドーザーで除雪するときにできるもの。
除雪に2カ月かけて通れるようになります。

それから、黒部ダムの歴史からも1回は行きたかったの。
映画「黒部の太陽」の影響だけど…

立山黒部アルペンルート(たてやまくろべアルペンルート)は、富山県中新川郡立山町の立山駅(富山地方鉄道)と、長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ交通路であり、国際的にも大規模な山岳観光ルートである。
Wikipediaより

総工費は建設当時の費用で513億円。これは当時の関西電力資本金の5倍という金額である。作業員延べ人数は1,000万人を超え、工事期間中の転落やトラック・トロッコなどによる労働災害による殉職者は171人にも及び、いかにダム建設工事が苦難を極めたのかがうかがえる。
Wikipediaより

行くまでのルートはこんな感じ!

route_map.jpg

扉沢から室堂まで行くよ!

トンネルトロリーバスに乗り…
黒部ダムまで行きます!
CIMG2066.jpg

黒部の太陽を観た人にはわかると思うんだけど…
トンネル内で破砕帯から大量の冷水が噴出し、死者が多数出る大変な難工事となった現場を通り、涙がうるっときながら黒部ダムへ到着。

山の中にコンクリートの壁!

CIMG2067.jpg

夏は放水してるんだけど、GWは放水してません。

CIMG2068.jpg

雲で見えないけれど、立山が一望できるはずだった…

CIMG2069.jpgCIMG2071.jpg
CIMG2070.jpg

展望台とかいろいろあるんだけど、GWで混んでいるので立ち寄らず室堂を目指すためケーブルカーへ!

CIMG2072.jpgCIMG2075.jpg

黒部湖から黒部平に着いて、すぐに大観峰へ行きたかったのだけどロープウェイが1時間待ちだったので、整理券を渡され待つ事に…
で、ここで昼食にしました。
ビールを生ビールだと思って注文したら大瓶だったw
そして、なぜか山の中でジャージャー麺♪

CIMG2105.jpgCIMG2106.jpg

食べた後、まだ時間があったので展望台に出たり散策してみた。
5月と言えども、標高1828mは雪の世界。

CIMG2103.jpgCIMG2111.jpg
CIMG2107.jpg

なんか、ガスってきちゃったわー。
雪もちらついてきました…

CIMG2115.jpg

ロープウェイで大観峰までは満員電車状態でした。
GWって大変だ(´;ω;`)ウゥゥ

CIMG2113.jpg

大観峰からトロリーバスはすんなり乗れました。
雪の大谷!に興奮して室堂の駅を出ると…

吹雪いていました。

CIMG2117.jpg

立山の素晴らしい景色が待っているはずだったのに…
残念でした。

でも、雪の大谷をウォーキングにはぎりぎり間に合いました!

CIMG2125.jpgCIMG2124.jpg
すごーい!!
CIMG2127.jpg

雪で帽子は白くなり…
吹雪いているから景色は真っ白。
そして寒い!
大谷は見れたけど、景色はゼロ。
ここが、標高2390メートルの実感は雪が降ってる以外感じる事が出来ず…
本当は凄い所に来ているのに…

CIMG2122.jpgCIMG2130.jpg

そそくさと、帰路へ…
しかーし!!激混みで帰りもロープウェイに乗るのに2時間待ち。
そして、駅が小さすぎて待つ所すらない状態でした。
何処へ行ってもおしくらまんじゅう状態。
座れないし、居場所もない。
居場所を探し売店のオコジョのぬいぐるみの前で立ってました。

CIMG2131.jpg

そのうち、オコジョが売れるように可愛くディスプレイして喜ぶ。
よ~くみると、笑ってる、みなみ。

CIMG2132.jpgCIMG2135.jpg

外は…

CIMG2136.jpg

で、帰りに黒部ダムの慰霊碑にお祈りしに行こうと思ってたんだけど…
雪崩の通り道にあるらしく、立ち入り禁止になっていたの。
遠くから、お祈りして帰りました。

予定よりだいぶ遅れて、トロリーバスで扉沢に降りてきた時には、大町駅まで行くバスが終わってる時間でした。
でも、臨時のバスがでていて無事に大町駅に行けました。
ほっとしました。

黒部アルペンルートは…
正直GWは、もう、こりごりな感じ。

人の多さに疲れてしまった。
C国の団体のマナーの悪さにも、いらっとした。
予約制にするなり、制限するなり、もうちょっと、なんとかならないのか…

でも、景色が見れなかったからリベンジしたいな!

スポンサーサイト
2013.05.13 Mon 12:00
上高地帝国ホテル1泊2日.2日目
5月3日の日記です。

5月2日、1泊めはコチラ…
http://minamichan.blog5.fc2.com/blog-entry-2654.html

久しぶりのトレッキングは晴天!
上高地帝国ホテルから河童橋まで歩くと
穂高連峰に雲がかかっていなくて
とても美しかった。
山は、その日のうちにも景色を変えるから見ていて飽きない。

CIMG2010.jpg

5月とは言え、標高1500メートル。
春はこれから…
朝は冷え込むので、ヒートテック着てトレーナ着て
ウインドブレーカーの上にダウンを着てました。

目指すは明神池!

河童橋から見て右ルートで進みました。
地図では梓川左岸道ね
途中、暑くなってダウンもウインドブレーカーも脱いじゃった。
燃焼してるかな?

後ろに見えるのは明神岳。
このふもとに、明神池があります。

CIMG2015.jpg

冷たい空気を吸いながら…
マイナスイオンをたっぷり浴びながら歩き
1時間くらいで明神館に到着。

CIMG2016.jpg

橋を渡れば、明神池。

CIMG2017.jpg

明神池は一之池と二之池、大小2つからなる池で、池畔には穂高神社奥宮があってパワースポットでもあります。
透き通ってる水と、山のコントラストが美しい。

CIMG2019.jpg
CIMG2025.jpg
CIMG2023.jpgCIMG2022.jpg
CIMG2021.jpg

そこから、再び歩きだし…
途中、野生のサルの群れに遭遇。
まだ雪が残る地面にはフキノトウ。
もうすぐ、春が来るね!

CIMG2027.jpgCIMG2032.jpg
CIMG2028.jpgCIMG2029.jg
CIMG2041.jpg

予定より少し早く、明神池から45分くらいで徳沢に到着しました。

CIMG2037.jpg

ここまで、来れて良かった!
私と母もトレッキングは久しぶりだったし
友達は初めてだったので
雪や天気次第では徳沢まで歩けないと思っていたけれど
無事到着する事が出来ました。

ランチは徳沢園でビールとチャーハン。
凄い美味しい!!

CIMG2034.jpg

また、再び来た道を戻ります。
明神池の嘉門次小屋で岩魚を食べるぞ!

CIMG2040.jpg

再び、明神池。

CIMG2042.jpgCIMG2044.jpg

岩魚の塩焼きは明神池の嘉門次小屋の名物。
ビールと岩魚の塩焼きで乾杯!

CIMG2045.jpgCIMG2046.jpg

ここから、行きとは違う左ルート(地図では梓川右岸道)で河童橋へ…
しばらく来ていない間に、新しい道が整備されていて旧道よりも川に近い景色が楽しめる道になっていました。
あと2週間くらいしたら、水芭蕉が咲いていたんだろうな~。

CIMG2048.jpgCIMG2049.jpg
CIMG2050.jpgCIMG2051.jpg
CIMG2052.jpg

行きとは違った景色を楽しみながら…

CIMG2058.jpg
CIMG2056.jpg

無事に河童橋までたどり着く事が出来ました。

休憩・昼食の時間を抜いて往復ほぼ4時間。

久しぶりとは言え、歩けるものね~。

で、帰りにタクシーの運転手さんに大正池によってもらいました。
焼岳が大噴火をおこし、その際に噴出した多量の泥流により梓川がせき止められてできました。水没した林は幻想的な立ち枯れとなり、神秘の景観をもたらしています。

CIMG2062.jpg
CIMG2064.jpg


久しぶりの上高地は、やっぱり凄く良かったです。


また、来よう!!
次回は軽く登山かなぁ?


2013.05.11 Sat 00:00
上高地帝国ホテル1泊2日.1日目
5月2日の日記です。

上高地へ行ってきました。

上高地は北アルプス穂高連峰の玄関口、北アルプスに登ろうって思うとだいたいここがスタート地点になります。

ここに来るのは何年振りかな?

連休前に偶然、予約をとることができてラッキーでした。
上高地帝国ホテルは、母も大好きなホテルなので、東京から遊びに来た友達と3人で泊まりました。

CIMG1962.jpgCIMG1963.jpg
CIMG1961.jpgCIMG1964.jpg

ロビーには暖炉があって、雰囲気も凄く良いの!
近代的なホテルも良いけれど、この赤い屋根の味がある所が素敵!
来れて良かった!

CIMG2061.jpgCIMG1987.jpg
CIMG1978.jpg


以外かもしれないけど、実はみなみは山には結構登っているし、上高地も毎年来ていたの。(ここ何年も来てなかったけど)

結構、自慢できるかも…
登った山は、北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・唐松岳・白馬・蝶ヶ岳・常念岳・燕岳・西穂高岳・乗鞍岳。


来ていた頃は、上高地から横尾までトレッキングするのが、お決まりでした。

久々の上高地に歩けるか不安だったけど、マイナスイオンいっぱいの大自然にパワーをもらいました。

1日目は1時間くらい上高地帝国ホテルからウエストン脾、かっぱ橋と明日のためにならしました。
5月と言っても上高地は、まだ、冬の終わり。
私達が来る3日前は上高地には雪が降りました。
寒い中、冷たい空気を吸いながら歩くのが気持ち良かったです。

CIMG1965.jpg
CIMG1966.jpg
CIMG1969.jpgCIMG1973.jpg
CIMG1976.jpg

少し歩いてホテルに戻って暖炉の前でハッピーアワーだったのでシャンパンのカクテルで乾杯!

CIMG1981.jpg

それから夕食。
ワインは3人で2本あけました。

CIMG1988.jpg
CIMG1989.jpgCIMG2002.jpg
CIMG1990.jpgCIMG1991.jpgCIMG1992.jpgCIMG1993.jpg
CIMG1998.jpgCIMG2000.jpg

お料理は山の上だから、おいしくないかも!?って思っていたけど…
全くそんな事はなくて、凄く美味しくて、大満足でした。
どれも、美味しかったけど…
みなみは、鴨が大好きなので鴨が1番良かったです!

ごちそうさまでした!

この後、バーで友達と語り…
ウイスキーロックにカクテルを飲み…
なんと、サービスで出していただいたのが森伊蔵!
ロックで美味しくいただきました。

CIMG2007.jpg

結構な酔い具合で星を観察してから就寝しました。
標高の高い所で観る星は、とても大きくて近く感じるんです。
綺麗だったな~。

明日は天気が良ければ徳沢までトレッキングです!

img_map.png


続く…

2013.05.09 Thu 12:00

Copyright © 銀座ホステス・southern palace All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。